PМ2.5が人体に及ぼす悪影響と症状は?対策はマスクと空気清浄機だけ?!

2月末に、国内の各観測地点において、PМ2.5

大気汚染濃度が上昇しました。

富山や新潟などでも、初めて国の暫定基準値を

上回ってしまい、不要な外出など控えるようにとの

衝撃の報道がありました。

 

PM2.5の悪影響で、外出が出来ないとなると・・・

ジョギング好きな僕にも深刻な問題です。

PМ2.5が人体に及ぼす影響や症状・対策などが

気になり・・・早速、調べてみました。

 

PМ2.5とは

 

PM2.5とは、物質の種類は関係なく、とにかく直径が

2.5マイクロメートル以下の超微粒子のことです。

マイクロメートルとは、0.001ミリですから、肉眼では

ほとんど見えません。

PM2.5には、炭素、硝酸塩、アンモニウム塩、硫酸塩、

ケイ素、 ナトリウム、アルミニウムなど、人体に有害

成分が含まれています。

 

PM2.5は極小サイズの為、吸い込むと肺の奥まで入り

込み、気管支や肺に沈着して、呼吸器系の疾患、及び

循環器系の疾患などのリスクが増えます。

また、長期慢性暴露により肺癌発症の確率が上がる

とも言われています。
日本に飛散してくるPM2.5の原因は、中国の大気

汚染によるものです。

中国国内では、環境整備が整わず、安価な石炭を

火力発電や工場などで燃やしています。各家庭でも

暖房に質の悪い練炭を使用したり、質の悪いガソリン

を使う自動車が急激に増え、PM2.5の濃度が厳重な

警戒レベルにまで悪化しています。

 

↓これ以上の大気汚染は辞めてくれ!(`・ω・´)

1393948114803

 

このやっかいなPM2.5は、偏西風の影響を受けて

黄砂が飛散してくる2月~5月頃は、日本へ飛散

してくる量も増えます。

特に、中国に近い九州西日本四国地方など

では悪影響を受けやすいと言われています。 「PМ2.5が人体に及ぼす悪影響と症状は?対策はマスクと空気清浄機だけ?!」の続きを読む…

スポンサーリンク