30キロ走翌日でも疲労回復が速いサプリメント!46歳が効果を実感

マラソン練習に向けた定番!の、30キロ走ですが・・・、

トレーニングの強度によっては、翌日以後疲労が残って

回復に時間がかかってしまい、次のトレーニングに向けて

うまく繋がらないこともあります。

ですが、アミノ酸サプリメントなどをうまく活用すれば、

30キロ走などのポイント練習を実践した翌日でも、回復

大きな差が出ることも実感しています。

僕はポイント練習の前にアミノ酸サプリを半分摂取して、

練習直後にも残りのアミノ酸サプリを摂取しています。

加えて、30キロ走などのポイント練習後、30分以内

プロテインサプリを水に溶かて飲んでいます。

水分補給と栄養補給を同時に行い、効果抜群です。

 

↓因みに僕が愛用しているアミノサプリはこちら↓
↓個人的には、最も疲労回復効果を感じています!効きます!


メダリスト アミノダイレクト 7g*5H

気になる口コミレビュー・コメント!

  • お水がなくても 飲めました。
    内蔵疲労も軽く 筋肉痛もありません。
  • 筋トレ後、運動後に飲むようにしていますが、気分だけかもしれませんが疲労の回復が良いような気がします。
  • クエン酸、BCAAを始め、
    シトルリン、グルタミン、アルギニン、
    その他ビタミン・ミネラルを一気に補給することができます。
    シトルリンが含まれているためか、有効成分の身体への回りが速いように感じます。
    屋外活動中に熱中症気味の方へ一口与えることで、その後、体調回復したこともありました。
  • アミノ酸は、スポーツ前・中・後で飲むと良いらしいです。
    飲まないより回復が早いと感じでいます。

もっと詳しく見るならコチラ>>

 

↓僕がプロテインサプリとして愛用している効果抜群のおススメ品


ザバス(SAVAS) タイプ3エンデュランス 1.2kg

たんぱく原料として吸収の良い大豆プロテインを使用し、マルトデキストリンをバランスよく配合。スタミナある筋肉つくりと、エネルギー補給をサポートします。また、11種のビタミンとカルシウム・鉄・マグネシウムを豊富に含有。トレーニングや汗で失われがちな栄養素を補います。マラソン、陸上競技の長距離種目、競歩、自転車ロードレース、水泳長距離、トライアスロン、クロスカントリー、スピードスケート長距離など、持久系アスリートに。

 

気になる口コミレビュー・コメント!

  • 使用して約3年になります。長距離系の持久力を要する種目には最適だと思います。負荷を掛けたトレーニング後の摂取でもマッチョではなく目指す細マッチョ系には本当に良いプロテインだと思います。
  • ザバスタイプ3エンデュランスを飲み続けて、かなり持久力がついてきました。ジョギング・マラソンをしている人にはおすすめです。
  • 飲み始めて3カ月経ちますが、見た目は筋肉隆々になる感じではなく、筋肉が締まってきた感じになりました。

もっと詳しく見るならコチラ>>

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク



今回は以上の僕が絶賛おススメする、アミノ酸サプリとプロテインを

紹介しましたが、勿論これだけに頼っている訳ではありません。(^_^)

日頃から地道に、計画的に練習を積み重ね、トレーニング後の

栄養摂取と休養睡眠、練習のタイミングなど、を考えて実際に

実りあるアスリートライフを継続することが前提になります。

加えて、練習の前後にメダリストというアミノ酸サプリの摂取と、

ザバスのおススメプロテインを練習後30分以内に水分と

一緒に摂取すれば、その効果を実感出来るハズです!

 

翌日からの回復に時間の掛かる30キロ走は効果半減?

 

マラソン練習を続けていると、現在の走力や、耐久持久力などが

自分で感覚的にわかるようになります。

計画的な30キロ走の実践による翌日の疲労でしたら、回復する

までのおおよその検討も付くと思います。

 

ですが、ワンランクアップした走りを目指して強度の高い

30キロ走を実践した翌日などは、相応の疲労が残ります。

いくらタイミング良くアミノ酸を摂取しようが、プロテインを

練習後30分以内に水分と一緒に摂取しようが・・・、

根強い疲労が残ることがあります。

 

力を出し切ったマラソンのレース後も同様です。

頑張れば頑張っただけ、追い込めば追い込んだ分、

そのダメージは肉体筋肉疲労となって蓄積されます。

疲労の度合いによっては、回復するまで何日もかかって

しまうこともあります。

 

これまでの僕の経験上の話に過ぎませんが、根強い

疲労が残る30キロ走はあまり効果的とは言えません。

他のポイント練習もそうですが、アミノ酸サプリを飲んでも

プロテインを摂取しても、中々回復しないような強度の

高い練習は継続できませんし、やらない方が良いかも

しれません。

 

目標ペースで30キロ走を実践するときは、現状では

多分なんとか確実にこなせそうなペースを上限に、

次に繋がる練習を積み重ねる方が賢明だと思います。

 

めいっぱいやることに、あまり良いことはありません。

時にはめいっぱいも必要でしょうが、めいっぱい!

精一杯頑張るのは、年に何回かの?ターゲットレース

だけで充分だと思います。

 

マラソン練習としての30キロ走は、毎週一回ずつ

実践しても継続可能な強度が、トレーニングとしては

適正な強度になるのではないかと思います。

継続可能な練習強度上限設定を上げる為にも、

アミノ酸サプリ、プロテインなどのタイミング良い摂取を

強くおススメします。

 

練習は、継続出来てこそ意味があるのではないでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク



ありがとうございましたm(_ _)m

↓こちらにも面白いブログがあります(´∀`)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

↓ランニングブログの宝庫です(^_^)↓

マラソン・ジョギング ブログランキングへ