箱根駅伝のスピードに刺激を受けて~2014.1.2~6.

正月2日・3日は、第90回箱根駅伝のスピードレースに

夢中になり、テレビに釘付けの2日間でした。(^_^)

特に今回は、第1区のスタートダッシュ!と、そのまま

続いた高速レースに度肝を抜かれました!(・□・;)

 

第90回記念大会にふさわしく、箱根駅伝史上最速の

スタートダッシュ集団のスピードに驚かされました!

 

↓第90回箱根駅伝のスタートダッシュは最後まで続きました。

1389012912906

 

個人的に予想していたのは、第一区では早稲田大学の

大迫選手が最後まで主導権を握り、区間賞の走りをする

だろうと思っていました。↓

1389013008184

 

ところが、レース中盤になっても10人前後の集団

箱根駅伝史上最速ペースで熾烈な区間賞争いを

繰り広げていました。

しかも!もっと驚いたことに、大学ナンバーワンの

スピードランナーである大迫選手より前の順位で、

4人の選手が1区を激走しました!

 

年々スピード化が進む箱根駅伝ですが、おそらくこの

第一区でも、大迫というスピードランナーの登場により、

心理的限界が引き上げられたのではと思います。

そして、集団の力で更にペースが上がっているように

思いました。

スポンサーリンク



 

市民ランナーの僕も、もう少し心理的限界を引き上げて、

箱根駅伝のスピードに刺激を受け、スピードアップしたい

ところです。(^_^)

 

 

今回の箱根駅伝は、第1区から壮絶なスピードレース

が続き、予想通り東洋大学・駒沢大学が優勝争いの

主導権を握りました。

 

個人的には、東洋大と駒沢大が抜きつ抜かれつ、

最後までデットヒートを展開すると思っていましたが、

東洋大学は(;゚Д゚)!予想以上に強かったですね!

 

2位の駒沢大学も、3位の日体大も、それぞれの大学

新記録を更新する好タイムをマークしたのですが、

それ以上に速かった東洋大学の強さは本物ですね!

東洋大学\(^^@)/優勝!おめでとうございます。

 

 

さて、今回の第90回箱根駅伝では、やはり個人的に

注目している選手の活躍が気になりました。

 

大会二日目の第6区では、我らが南信州出身期待の

星、代田修平選手(中央大)が激走しました!↓

1389009996357

 

集団の先頭を引っ張る、貫禄ある走りが印象的でした!

区間順位、タイムなどは、本来の修平くんの出来では

なかったかもしれませんが、中央大学のキャプテンと

して、責任を果たす襷リレーが出来たと思います。

 

そして、もうひとり!我らが南信州出身の矢野圭吾選手

(日体大)は、第9区を走り、区間新記録ペースで激走!

そして見事に区間賞!!\(^o^)/でした!凄いっ!!↓

1389010019422

 

やったー!(((o(*゚▽゚*)o)))

それにしても、第二のエース区間とも言われる9区で

区間賞!とは、流石です!\(^^@)/

身近な地元出身選手の活躍は嬉しい限りですね!

 

そんな訳で、今年の正月も、箱根駅伝のスピードに

刺激を受け、日々のランニングに励んでいます。(^_^)

 

 

最近のランニング日誌

元旦 登山約8km ビルドアップラン・刺激走他 16km

2日 トレッドミルジョグ100分 17km

3日 疲労抜きトレッドミルジョグ30分 4km

4日 様子見のジョギング94分 18km

5日 ロングジョグ+ビルドアップ走 220分 28km

(ビルドアップ走約10km km4分30~3分26秒)

6日 完全休養 (体調と相談して)

 

今週は、箱根駅伝のスピードに刺激されたものの

最高スピードはkm3分26秒まででした。(^_^;)

体調と相談して徐々にやってます。

今月の月間走行距離98km

関連記事

スポンサーリンク



ありがとうございましたm(_ _)m

↓こちらにも面白いブログがあります(´∀`)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

↓ランニングブログの宝庫です(^_^)↓

マラソン・ジョギング ブログランキングへ