第46回天龍村梅花駅伝コース攻略に向けて準備完了?

明日(2015.2.15)は、第46回天龍村梅花駅伝大会

出場します。

昨年は、歴史的な大雪の為、大会史上初の中止となって

しまいましたが、今年は名前の通り、梅花駅伝らしい天候に

恵まれそうです。

第46回梅花駅伝コースマップを眺めると、今年も前年

迄のコースと全く同じようです。

bandicam 2015-02-14 17-30-13-905

スポンサードリンク

スポンサーリンク






梅花駅伝はこれまで45回も歴史のある大会で、これまで

何度もコースが変わってきました。

ここ何年かは同じコースに定着しています。

現在の梅花駅伝コースは、総距離40km6区間で襷リレー

するのですが、どの区間も起伏が激しくてそれなりの距離が

ある為、ある程度熟練のランナーでないと走破することは

厳しいと思います。

スポンサーリンク



大会に出場する選手層も、一般選手としてはレベルが高く、

長野県縦断駅伝競走大会で上位を伺うチームが中心となり、

上位争いを展開しそうです。

 

前回の招待チームは、早稲田大学と、佐久長聖高校

でしたが、今回は佐久長聖高校のみが招待チームです。

今回の佐久長聖高校は、昨年の都大路(全国高校駅伝)で、

第2位!になった時のメンバーが何人か走る予定ですし、

区間賞争いはハイレベルになりそうです。

 

地元紙(南信州新聞 2015.2.14朝刊)でも↓話題に↓

DSC_0216

 

 

第46回梅花駅伝のコースの特徴ですが・・・。

まずは第1区、距離は7.5kmですが、前半に急な坂を

登りきり、およそ1km位の地点からはだらだらと下りが

中心のコースですが、後半の約2km位は上り下りが

連続するテクニカルなコースです。

 

第2区は、距離が5.2kmで第1区のコースの一部を

ほぼ逆走する感じです。

前半は若干下りながらアップダウンを繰り返し、中盤を

前にだらだらと登っていくコースで、全体的には上りが

中心のコースです。

 

第3区は、距離は4.5kmと梅花駅伝の区間では最も

短い距離ですが、前半登ってから後半下る、峠越えの

コースとなります。

 

第4区ですが、距離が8.8kmと最も長い区間となり、

アップダウンを繰り返しながら、全体的には登りが多い

コースです。

梅花駅伝のコースでは、最もタフなコースとなります。

 

第5区は、距離が8.7kmで2番目に長い区間です。

前半の数百メートル以外は、第4区のコースを逆走する

コース設定となっています。

 

第6区は、距離が5.1kmの最終区間です。前半に

峠を越えますが、後半はほとんど下りっぱなしとなり、

全体的には下りが多い区間です。

 

DSC_0217

以上、梅花駅伝のコース概略でした。

 

因みに、僕は明日の大会では第1区を走ることになります。

今大会には、およそ22年程前から何度も出場していますが、

季節的に、ワーストに近い走りをする事が度々ありました。(^-^;

 

↓今回は走り易い!マラソンソーティで走ろうと思いますが・・・↓

1423904076996

 

3年ほど前に、第1区を走った時は、十年に一度の大風邪で

寝込んだ後のレースとなり、成績も・・・(^-^;ちょっと残念な

走りしか出来ませんでした。

そんな訳で、今回は最低でも!3年前に走った時よりも、

30秒以上は速く走りたいと思います。

(1分以上は速く走らないと情けないですが・・・)

現状では多くは期待できませんが(^-^;

 

果たして、どうなることやら・・・(。・ ω<)ゞ、

 

明日は、レース後も予定があって忙しいので、

今日はこのへんでzzz(^-^;

おやすみなさいzzzzz

 

関連記事

スポンサーリンク



ありがとうございましたm(_ _)m

↓こちらにも面白いブログがあります(´∀`)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

↓ランニングブログの宝庫です(^_^)↓

マラソン・ジョギング ブログランキングへ