大迫傑の退社と移住決断に!マラソン王国日本!復活を予感^^

全国高校駅伝の名門!佐久長聖高校から箱根駅伝の

名門!早稲田大学へ進学、日清食品グループに入社と、

常に長距離エリートでトップの活躍を続ける大迫傑選手。

 

昨秋は、9月のリエティ国際で3000m(7分40秒09)と、

日本記録を更新!アジア大会10000mで銀メダル獲得!

今年のニューイヤー駅伝では1区で区間賞獲得!など、

益々活躍著しい大迫傑選手が、日清食品を退社して、

アメリカでプロとして活動を始めるというニュースを読んで、

20年東京五輪のマラソンが楽しみになってきました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク






 

 

アメリカに移住してプロのランナーとして活動を開始する

大迫傑選手は、2016年のリオデジャネイロ五輪までは

トラックに専念するそうですが、2020年の東京五輪では

マラソンで狙うみたいです。

 

bandicam 2015-03-02 23-29-21-216

 

「今のマラソンで世界と闘うには、スピードは不可欠。

(東京五輪では)年齢的にも29歳とピークの頃ですし、

注目を力に変えて走りたい」と話しているそうです。

スポンサーリンク



僕は、大迫傑選手の計画、本来の王道スタイルで理に

かなっていると思います。

まずは世界レベルのスピード強化に取り組み、その後は

距離を伸ばしてマラソンを狙うのは、最も自然な流れで、

長距離の基本スタイルだと思います。

アメリカに移住して、集中的にスピードアップを目指す

大迫選手のやり方は、後のマラソンで大きな好結果を

期待出来ると!僕は思っています。

 

早稲田大学時代の恩師、渡辺監督は大迫傑選手のことを

「異端児」だと、何かのインタビューで応えていました。

異端児と言われるくらい、常識にとらわれず自由奔放に

行動出来るタイプの選手こそ、大きな飛躍が期待出来ると!

僕は感じています。

 

アメリカのオレゴン州に移住して、世界のエリート集団!

ナイキオレゴンプロジェクトにアジア人で初めて参加

するなど、強い信念を貫いてスピード強化に取り組む

姿勢、日本人離れしたスピード感溢れるスケールの

大きな走りに、マラソンの才能と将来性を感じます。

 

YouTubeでも様々な動画が投稿されていますね。

↓プロジェクトでも、大迫傑はメダルの取れる選手だと絶賛されています↓

今やマラソンの世界記録は2時間2分台に突入する

超!高速化時代です。

ここ20年位?で、マラソンの日本記録と世界記録の

差は数分も開いてしまいました。

かつて、1km3分平均でフルマラソンを走れば世界記録と

言われていましたが、現在は1km平均2分55秒以内

言われる時代です。

 

マラソン王国日本が復活する為には、基礎スピードが速く

ならないことには到底世界レベルでは太刀打ち出来なく

なってしまいました。

まずは5000mで、日本記録が世界記録に迫ることが

第一ステップになるのと思います。

 

大迫傑選手は、5000メートルで日本記録の更新

(13分13秒20、松宮隆行)だけでなく、

「12分台も見えてきた」と話しているそうです。

この発言は心強いですね!

 

期待しているぞ!大迫傑!

2020年の東京五輪マラソンでメダル獲得!

10年後位には、マラソン王国日本!

復活の原動力となったと称されるのが、

大迫傑選手かもしれない・・・!

 

関連記事

スポンサーリンク



2015/03/03 大迫傑の退社と移住決断に!マラソン王国日本!復活を予感^^ はコメントを受け付けていません。 マラソン界のニュース

ありがとうございましたm(_ _)m

↓こちらにも面白いブログがあります(´∀`)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

↓ランニングブログの宝庫です(^_^)↓

マラソン・ジョギング ブログランキングへ