ふくらはぎが第二の心臓とは?

ふくらはぎは、「第二の心臓」と言われていますが、

どういうメカニズムなのか?

ちょっと気になったので調べてみました。

 

調べた結果を簡単に説明すると・・・、

 

「ふくらはぎの筋肉が伸縮することで、

下半身に滞り易い血液を心臓へ押し戻してくれる」

 

ふくらはぎは、下半身の血液を心臓へ戻すポンプのような

役割を果たしています。

それが、ふくらはぎは第二の心臓と言われている理由でした。

スポンサードリンク

スポンサーリンク






1424440735191

以下に、ふくらはぎが第二の心臓だと言われるメカニズムを

簡単に説明します。

 

血液は心臓から押し出されると、動脈を通って身体の末端

までながれます。

心臓の筋肉の収縮により、血液を勢いよく押し出すことで

血液が身体の末端まで運ばれています。

スポンサーリンク



 

そして、末端まで流れついた血液は、今度は静脈を通って

心臓まで押し戻されているのですが、静脈は動脈に比べて

弾力性に乏しく、心臓が血液を押し出してくれません。

周囲の筋肉の伸縮と、心臓の筋肉の拡張によって血液を

押し戻しています。

 

心臓よりも上にある血液(頭や首など)は、重力によって

簡単に心臓まで戻りますが、下半身に下がっている血液を、

重力に逆らって心臓に戻すということは大変なことです。

心臓の筋肉が弛緩して静脈血を受け入れようとしますが、

心臓の力だけでは足りません。

 

そこで、心臓から遠い足の静脈血を戻す為に、心臓に代わって

ポンプの役割を果たしているのがふくらはぎです。

ふくらはぎの筋肉が伸縮することで、静脈に圧力をかけて、

血液を心臓に押し戻す働きをしているのです。

 

下半身には、全身の血液の約6~7割が集中しているそうです。

その血液量を、ふくらはぎの筋肉がしっかりと伸縮することにより、

重力に逆らって心臓に戻しているのです。

 

正しく、ふくらはぎは第二の心臓なのです。

 

ということは、ふくらはぎが冷えて硬くなったり、筋肉が衰えたり

するとどうなるか?・・・。

 

ポンプ機能が低下すると静脈血が、正常に心臓に戻らなくなって

しまう恐れがあります。

そうなってしまうと、下半身の血行が悪くなり、全身の健康状態に

悪影響が及ぶ可能性があります。

そういった身体の血液循環のメカニズムを考えると、ふくらはぎは

第二の心臓ですし、全身の健康の要とも言えるでしょう。

 

頭寒足熱という諺通り、ふくらはぎは冷やさないように、いつも

温めることが健康の基本とも言えそうです。

ふくらはぎ温め健康法は、アスリートにとって必須では

ないかと思います。

そんな訳で僕はふくらはぎ温め健康法を実践しています。

 

↓ふくらはぎは第二の心臓だと・・・分かりやすい動画もありました↓

↑以上の動画をYouTubeで見つけたのですが、何故?ふくらはぎが

第二の心臓と呼ばれるのか?そのメカニズムについて、分かりやすく

解説されて勉強になったので、シェアしたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク



ありがとうございましたm(_ _)m

↓こちらにも面白いブログがあります(´∀`)↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

↓ランニングブログの宝庫です(^_^)↓

マラソン・ジョギング ブログランキングへ